サイドバーに記事ランキングやカテゴリがあります
【EXVS2/マキオン】機体ランクの掲載サイトまとめ(20/10/14更新)
【EXVS2】皆で決める機体ランク(9/29更新)
【EXVS2】20/11/26の機体調整内容
【マキオン】ダークハウンドとモンテーロどっちが強い?
【EXVS2/マキオン】機体ランクの掲載サイトまとめ(20/10/14更新)
【EXVS2】皆で決める機体ランク(9/29更新)
【EXVS2】20/11/26の機体調整内容
【マキオン】ダークハウンドとモンテーロどっちが強い?
【EXVS2】20/11/26の機体調整内容
【EXVS2XB】クローズドβテスト後夜祭まとめ
【EXVS2XB】一部機体のコマンドリストとEXバーストの情報が公開!
【EXVS2XB】新覚醒が発表!
一般来訪者
スポンサーリンク
Apex Legends

【APEX】シーズン6で使うべき強武器 遠距離編

Apex Legends
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本記事ではApex Legendsのシーズン6初期で強いと思う武器をまとめました。

このシリーズは以下の3部構成にする予定です。

前編→ライトマシンガン・ショットガン・サブマシンガン
中編→アサルトライフル・スナイパー
後編→ピストル

この記事では中編にあたる遠距離に適する武器たちを紹介します。


武器種内は上から強いと思う順にしてます。


⇩以下は前編の近距離向け武器編と後編のピストル編の記事になります。



[the_ad id=”2008″]

アサルトライフル

ヘムロック


S5では高速単発撃ちでほそぼそと使われていたヘムロックだが、S6では完全に強武器の仲間入りを果たしました。

バースト時のレートの微上昇と2種の反動軽減が施され、今期は3点バースト運用がメインです。

180DPS、22ダメ/1発(66ダメ/1射撃)と高火力で、特にヘッドが倍率×2と44ダメも出ます。

それに加えスタビがなくてもほぼ無反動であるため、どんな距離からでも敵を素早く沈められます。

そのため、中距離からディヴォに勝ち得る数少ない武器です。

腰撃ち精度も非常に高いため、至近距離も割と戦えてしまいます。

後述するトリプルテイクもS6で強化されて悩むところですが、DPSのおかげで瞬間火力は圧倒的にこちらが上です。

それにレートもそれなりにあるため近距離でもトリテより使いやすいです。

ハボック(タボチャ有)


正直今隠れている強武器だと思います。

基礎火力18で202DPSとボルトを超える高火力

S6でリコイルパターンが新たに変更され多少横ブレしますが、遠すぎない限り余裕で扱えます。

度重なる調整でマガジンサイズが低下(32→28→24)しましたが、新たに拡張マガジンが追加され36発になったのも有り難いです。

一番嬉しいのがタボチャの復活で、レレレ・腰撃ちが非常に強力になりました。

精度・火力ともに同じエネ武器のディヴォとボルトのちょうど中間にいる感じでとてもバランスがいいです。

上記2種の武器の注目度が高すぎるせいで隠れていますが、こいつもヤバい部類です。

これらが下方修正された後には必ず流行ると断言できます。

てか、今でもボルトより強い可能性すらあると思います。

ボルトを持ってる時にタボチャを見つけた際には拾って、ハボックを探しに行くのも良いかもしれません。

スナイパー

クレーバー


古来から変わらない神武器の1つ。

胴体145ダメヘッショ297ダメで唯一の単発確定ダウンさせられる神武器

どこかに当てさえすれば相手は回復せらざるを得ないため、実質人数有利になります。

そのため強ポジの奪取や自チームが取った有利ポジの防衛が非常に楽になります。

補給物資のため弾薬補充が出来ませんが、スナイパーであるため困ることはないと思います。

S6から増幅壁+クレーバー(182ダメ)で紫アーマーの小柄(体力175)まで倒せたが、20/9/4のボディアーマー調整で耐久値が上昇したため倒せるのは青までになりました。


まぁ十分ヤバいですが。

あまり言うことがありませんが、とりあえずめちゃくちゃ強いです。

トリプルテイク


こちらも調整で環境まで上り詰めた武器。

S6初期数日は距離が似ているヘムロックとシェアを奪い合っていましたが、今ではトリテの方が広まったかと思います。

かなりの数の人が持っており、激戦区ではバグかな?と思うほどに常に発射音が聞こえます。

基礎火力は46と低めですが、S6の調整で集団率が増加(1.25→1.4)したため3本の弾が全弾hitしやすくなり実質火力が69になりました。

このおかげで環境TOPであるレヴUltの影を2発で沈めやすくなったのも大きいです。

デフォルトでチョークが付いているため、遠距離も分散せず絞った一撃も狙えてとても使いやすくなりました。

更にマガジンサイズまで大きくなり、スナイパーの中ではレートが高いので連射によってミスのカバーもしやすいです。

1発で3方向に拡散されるため、腰撃ちでショットガンのように運用しても強く、序盤に拾っても腐りにくいです。

ノンスコープもとても見やすいためアサルトのように近-中距離で運用しやすいのも◎。

高倍率スコープで遠距離、ノンスコでそれ以外の距離と分けて対応できます。

遠距離ではヘムロックの方がキルタイムは速いですが、安定性は圧倒的にトリテに軍配が上がります

アサルトより射程範囲が長いアサルトという感覚です。

チャージライフル


S5から継続して強い純然たるスナイパーライフルです。

特徴は弾速が「∞」のため即着弾することで、どんなに遠くても当たります

その性質からずっと進化アーマーを安全に成長されるのに最も適していると言われていました。

S6からは進化アーマーがデフォルトになったので探す必要がないためチャーライを活かしやすくなりました。

また、S6からの調整でマガジンサイズが倍(4→8)に、1回の射撃毎に2発分消費するようになりました。

結果として消費弾数のみ増えてしまいました。

S5でスナアモの弾薬量が増加(8→12)されたのを帳消しにしてしまう調整で厳しめですが、それを抜いても強い武器であると思います。

トリテと違って完全に遠距離用なので、もう一つの武器は自分の立ち回りに合わせてしっかり選びたい所です。

終わりに

以上がシーズン6で使うべき強武器 遠距離編でした!

後編にあたるピストル編も投稿してますので是非読んでいただけると嬉しいです。

ご精読ありがとうございました。


⇩また、前編の近距離武器編は以下の記事になります。


⇩後編のピストル編の記事です。

0

コメント